ナースのスキルアップ

長引く不景気で就職率が悪化している中でも、ナースの求人募集だけは常に順調なのです。それはナースの絶対数が少ないというのも一因ですが、人間の命と健康を扱う大切な仕事への需要が多いというのが理由なのです。求人数が豊富なので、転職をするナースも多いのです。しかしナースの転職とは、職場の人間関係がうまくいかないからとか、職場の環境が良くないからなどの理由で行うべきものではありません。そのような理由で転職を繰り返していると、ナースとしての信用が下がるだけでなく、転職先の面接でも落とされることになってしまうのです。ナースの転職とは、自分の技術をもっと向上させたいとか、もっと自分の能力をスキルアップさせたいといった積極的な理由が必要なのです。そのように前向きな理由があれば、転職先でもうまくいくのです。そうではなく個人的な理由で転職をすると、結局転職先でもうまくいかず、次々と転職を繰り返すことになってしまうのです。一面ではそのように個人的な理由で転職を繰り返す人は、ナースの仕事に不向きである可能性があります。ナースの仕事の適性として、コミュニケーション能力があるのです。病院での仕事はチームワークが大切なので、医師や同僚のナースたちと常にコミュニケーションを取る必用があるのです。また患者さんとのコミュニケーションが取れなければ、良い看護をすることはできません。意味のない転職を繰り返すナースにはコミュニケーション能力がないと、面接官に思われてしまったら取り返しがつきません。このような点から、ナースの転職とは慎重に行われなければならず、その場に流されるように求人募集に応募してしまうのはやめた方が賢明です。ナースも人間ですから、色々な悩みがあります。そのような時には安易に転職に逃げないで、病院内のカウンセラーなどに相談することをおすすめします。相談相手を得ることによって、精神的な苦痛から解放され、新たな仕事に意欲も湧くのです。

Comments are closed.